僭越

せんえつ ―ゑつ 0 【▼僭越】
(名・形動)[文]ナリ

身分や権限などを越えて、差し出がましいことをする・こと(さま)。
「―な言い方」「―のそしり」「―ながら私が…」
[派生] ――さ(名)僭越とは - Weblio辞書


僭越ながら
読み方:せんえつながら

「自分のようなものが行うのは恐縮ですが」「身の程を弁えず申し訳ありませんが」といった意味合いで良く使われる表現。「僭越」は身分や権限などを越えていることを指す言葉。「僭越ながら」という形で、挨拶の切り出しなどで、決まり文句として使われることが多い。

僭越ながらとは - 日本語表現辞典 Weblio辞書