掌に刻まれた歪な曲線
何らかの意味を持って生まれてきた証
僕らなら 求め合う寂しい動物
肩を寄せるようにして 愛を歌っている

抱いたはずが突き飛ばして
包むはずが切り刻んで
撫でるつもりが引っ掻いて
また愛 求める
解り合えたふりしたって
僕らは違った個体で
だけどひとつになりたくて
暗闇で もがいて もがいている

ステッカーにして貼られた本物の印
だけど そう主張している方がニセモノに見える
僕らなら こんな風な袋小路に
今も迷い込んだまま 抜け出せずにいる

夢見てるから儚くて
探すから見つからなくて
欲しがるから手に入んなくて
途方に暮れる
どこで間違ったかなんて
考えてる暇もなくて
でも答えがなきゃ不安で

君は君で 僕は僕 そんな当たり前のこと
何でこんなにも簡単に 僕ら
見失ってしまえるんだろう?

ALL FOR ONE FOR ALL
BUT I AM ONE
ALL FOR ONE FOR ALL
BUT YOU ARE ONE


ひとつにならなくていいよ

それぞれが夢見てること
それぞれが信じてるもの
それぞれが暮らしていたい場所
それぞれが愛してる人

ひとりずつ ひとりずつ それぞれひとつずつのOne...
ひとりずつ ひとりずつ それぞれひとつずつのOne...

(それぞれが夢見てること)
(それぞれが信じてるもの)
(それぞれが暮らしていたい場所)
ひとつにならなくていいよ 認め合うことが出来ればさ
(それぞれが愛してる人)
もちろん投げやりじゃなくて 認め合うことが出来るから
(それぞれが夢見てること)
ひとつにならなくていいよ 何を夢見てもいいよ
(それぞれが信じてるもの)
ひとつにならなくていいよ 何を信じてもいいよ
(それぞれが暮らしていたい場所)
ひとつにならなくていいよ 価値観も理念も宗教もさ
(それぞれが愛してる人)
ひとつにならなくていいよ 認め合うことが出来るから それで素晴らしい